ビューティー

使ってみて初めて分かる! 今人気『ココナッツオイル』が本当にスゴイ理由。
5996 view


今、話題の「ココナッツオイル」。なんとなく話題で体によさそうだから試してみたいけど、どこかどういいの?と疑問に思っている方もまだまだ多いはず。美容、健康、ダイエットに良いと言われているココナッツオイルの『良いところ』をご紹介します。

 

beauty01

ダイエット効果

ココナッツオイルは腸の絨毛に浸透し、その汚れや化合物を除去してくれます。 すると腸絨毛が小腸の働きを活発にし、基礎代謝量を上昇させます。
ココナッツオイルはダイエットに適しています。ココナッツオイルは、吸収されるとすぐに肝臓に運ばれ、一般的な植物油に比べて、約4倍のスピードですばやく分解されおよそ10倍も早くエネルギーとして 代謝されます。基礎代謝を上げ、溜め込んでしまった体脂肪を燃えやすくしてくれます。

 

コレステロース値を下げる

一般的に脂質とは、コレステロールや体脂肪に変換されるためコレステロール値を上げ、中性脂肪酸を増やします。しかし、ココナッツオイルは、コレステロール値にほとんど影響を与えません。それは、ココナッツオイルの主成分が中鎖脂肪酸であるからです。そのため、コレステロールや体脂肪へと変換されないためコレステロールに影響を与えません。それどころか、中鎖脂肪酸は、代謝を促進するため間接的に善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やして悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らすと言われています。

 

アンチエイジング効果

ココナッツオイルの主成分のラウリン酸には高い抗酸化力があり、体内の様々な酸化物質を排除し、細胞を活性化。抗菌、抗炎症作用もあり、体の酸化による錆び付きを改善してくれる効果も期待できます。

 

免疫力が上がる

ココナッツオイルに豊富に含まれているラウリン酸には、免疫力強化や抗菌作用、抗炎症作用などがあります。ラウリン酸を高濃度に含む天然の食品は母乳しかありません。大人だけではなくお子様の免疫力アップにも効果大。

 

ココナッツオイル、選ぶ時のポイントは?

日本でもさまざまなブランドから販売されているココナッツおいる。ブランドによって違いがあります。選ぶ時のポイントは下記です。

①国が認定しているオーガニック認定マークを取得しているか?
②ラウリン酸の含有量はどれぐらいか?100g中、40〜50gの含有量が理想です。
③栄養や風味を損なわない低温圧搾(コールドプレス)かどうか?
④製造過程で無精製、無漂白であるか?

 

ココナッツオイルの使い方

beauty02 コーヒーや紅茶に入れて♡ティースプーン1杯のココナッツオイルを加えれば、ほんのり甘いフレーバーコーヒー・紅茶に。

 

beauty03 アイスにかけてみる♡25℃以下で固まるので、アイスにかけるとパリパリになってやみつきの食感に。チョコレートアイスにかけるととってもおいしいです♡朝食にヨーグルトやフレークなどに。
少量垂らして摂り入れるのもおすすめ♪
便秘解消効果のあるヨーグルトなら、さら効果が期待できます。

 

beauty04 化粧水の前に、お肌に塗る♡
スキンケアに使ってみる化粧水の前に塗ることで、肌が柔らかくなり化粧水の浸透が高まります。しっとりお肌つるつるになります♡

ヘアケアに使用

頭皮ケアや髪の保湿効果にも最適。高い保湿力のお陰で滑らかな髪を育成する効果があります。
・シャンプーをした髪の毛にココナッツオイルをまんべんなく塗り、15分おく
・洗い流さないトリートメントと混ぜて使用

ボディークリームとして使用
お風呂上がりに体全体にココナッツオイルを塗ります。ビタミンEを豊富に含んでいるため高い保湿効果が得られます。乳液などと一緒に使えばさらに保湿力がアップします。

このように、直接ヘアやボディに塗ったり、食事や飲み物に混ぜて摂取したり。

体の内から・外からと使い方はいろいろ。何にでも合わせられるので、自分に合った使い方ができて本当におすすめです!

 


PAGETOP