ビューティー

パラベンフリーってほんとにいいの?
964 view


parabenfree

パラベンとは?

「パラベンフリー」と謳っている化粧品。

裏返してラベルを見てみると「フェノキシエタノール」の文字。

 

「パラベン」も「フェノキシエタノール」も合成防腐剤で、

3年間は防腐をしなければならないという制約を守るために配合されている成分です。

 

ではなぜ「パラベン」のみフリーと表記されるのか。原因は表示指定成分にあります。

表示指定成分とは厚生労働省が医師や消費者の報告に基づいて定めた、

皮膚トラブルを起こす可能性があるため、

避けることを目的として化粧品への表示を義務づけられた成分です。

「パラベン」はこの表示指定成分に指定されているため危険視されることが多く、

強みとして「パラベンフリー」と謳われますが、

では変わりに入っている「フェノキシエタノール」の方が安全なのかと言ったらそうとは言い切れません。

 

「パラベン」よりも「フェノキシエタノール」のほうが防腐率が下がるため、

「パラベン」よりももっと多く配合する必要があるからです。

 

ただ、「パラベン」や「フェノキシエタノール」といった成分は全て合成の防腐剤であり、

天然で安心な防腐剤もあります。

合成の防腐剤は安価で手に入るため、

「パラベン」や「フェノキシエタノール」といった成分が入った化粧品が多いのです。

この合成成分が健康障害を引き起こす原因となります。

 

いくら安くて今肌に影響がなくとも、

化粧品はこれから毎日ずっと使っていくもの。ずっとつきあっていくものだから、

自分のこれからも見つめて本物の化粧品を選んできたいですね。

midori


PAGETOP