ヘア

必見!サロン専売シャンプーと市販シャンプーとの違いをしっかり知っておこう!
2409 view


普段使っているシャンプーはどのようなものを使っているでしょうか。

現在では色々な種類のシャンプーが販売されていますよね。

シャンプーを出している会社が独自に開発したものを宣伝し販売していますが、

サロン専売シャンプーと市販のシャンプーの違いを知っていますか?

この違いを意外と知らない人も多いので今回ご紹介してみようと思います!

hair

 

 

市販シャンプー

まず、店舗で購入しようとする際に気になるのが値段ですよね。

サロン専売シャンプーとなっているものとなっているものは、やはり市販のシャンプーと違い

値段が割高になっているものが多いですよね。

ここが決定的な違いでもあるのですが、

市販のシャンプーというのは低価格なシャンプーとされているものが多いのです。

shampoo-642517_640

 

 

 

そして、それぞれの特徴をみてみるとその違いがよくわかると思います。

市販シャンプーの特徴

・泡立ちがとても良くクリーミーな泡が出来る

・指通りがとても良く使いやすい

・香りがしっかりとついていて良い

・値段が比較的安い

・容器のデザインも色々なバリエーションがある

といったものがあげられるようです。

このような市販のシャンプーは【使い心地の良さ】を中心に作られているものが多く

一度使っただけでも効果を実感する事が出来るものとなっています。

 

 

市販シャンプーのデメリット

しかし、このような特徴だけ見ると良いように見えますが

その反面、デメリットとして挙げる事が出来るのが

・カラーやパーマがかかりにくくなる

・ヘアカラーが落ちやすくなる

・洗浄力が強いものが多く、髪が傷む場合がある

と言ったものがあるようです。

 

 

 サロン専売シャンプー

一方、サロン専売シャンプーとして知られているものの特徴は

・ダメージを進行させない

・髪や肌に良い成分が配合されているものが多い

・髪や肌にやさしい、適度な泡立ち・使い心地

・カラーやパーマの持ちを良くする

・次回のカラーやパーマの邪魔をしにくい

・美しいヘアデザインをサポートするように作られている

といったものがあるようです。

 

 

サロン専売シャンプーのデメリット

・泡立ちがあまり良くない

・すぐに効果が表れない

これ以外には目立ったデメリットと言えば価格が高いという部分ですね。

 

 

その他の違い

そして、このような違いがお互いにありますが

他にも知っておきたい特徴が二つあります。

洗浄成分が違うという事です。

市販のシャンプーはコストを軽減するため使用している洗浄成分を安いとされる

界面活性剤を使用しています。この中でも

・ラウリル

・硫酸

がついたものは洗浄成分が強すぎる為、頭皮や髪にダメージを与えてしまう場合があるのです!

記事内画像6

出展:http://moist-diane.com/

一方、サロン専売シャンプーの洗浄成分は高価な洗浄成分をしようしている為、髪や肌や頭皮に優しくなっています。

その結果製造コストがかかり市販のシャンプーと比べると高くなってしまうのですね。

 

また、最近では市販シャンプーでも「ノンシリコン・シャンプー」と呼ばれるものが多く出ていますね。

シリコンが悪いものとされている傾向があるようです。

シリコン自体の安全性に問題があるということではなく、非常に油分の強いものなので、毛穴につまってしまう可能性が高く、

毛髪の健全な環境を損なうのです。

また、その中でも“高分子シリコン”と呼ばれるものはコーティング力が強く、

指通りとツヤを良くしますが、長期間使用し続けることで蓄積するとカラーやパーマの阻害原因になる

可能性があるようです。

 

サロン専売シャンプーのほとんどにもシリコン系の原料がつかわれているようですが、

水溶性のものが多いので、しっかりと洗い流す事で髪に蓄積する事もなく、安全に使用できます。

シリコンと書かれず、ジメチコンと書かれている場合もあります。

記事内画像7

出展:http://campus.athuman.com/

 

 

 

lipstick-791761_1280

いかがでしたでしょうか。

サロン専売シャンプーと市販のシャンプーの違いが分かってもらえたでしょうか。

サロンシャンプーは、プロの目線から“素材の美しさ”と“ヘアデザインの美しさ”のバランスをとった処方が組まれています。

カラーやパーマを知り尽くした技術者たちが、カラーヘアやパーマヘアをいかに美しくするかという観点で、

ヘアケアに取り組んだ商品です。例えば、サロンのトリートメント技術でも使用する補修成分をたっぷり配合したり、

ダメージが進行しないようなケア成分を配合しています。

せっかく時間とお金をかけてされたカラーやパーマやヘアデザインをきれいに保ちたいですよね。

そして年齢を重ねられても健やかな髪をずっとキープするためにも、

値段だけではなく、特徴や成分をしっかり知った上で自分の髪に合った良いシャンプーを

選ぶことをおすすめします。

 

writing by konekonoyume

PAGETOP